歴史を変えた監督(大船渡野球部)

この夏、日本中を騒がせた”大船渡問題” 3年生も引退して新チームが始まったいま、もう一度考えてみたいと思います。 選手だけではなく、僕たち監督やファンも考えなければならないポイントがあります。 まず僕が思ったことは、選手たちに対する"公平性"につ…

子供が自主的・創造的に動くようになる方法

子ども達の自主性を引き出すためには、知識を与えること が最近思っていることである。 「自由」にやらせる、とは聞こえはいい だけど危険でもある。 コーチが知識を与えなければ、 コーチが描く理想、育てたい子供にはなりえない。 コーチングの前にティー…

ポジティブシンキング、2つの違い

ポジティブシンキングを 2つに分類します。 「簡単に目標達成できる」と 考えるタイプ 「目標達成をするためには 壁があるけど乗り越えられる」と 考えるタイプ どちらのタイプが成功するのでしょうか?? 結論から言うと、「壁はあるけど・・・」と 考える…

『もっと打てるようになりたい』そんな意識の高いあなたがやるべき置きティーとは

目次 はじめに 1.リズム化 2.ボールを置く位置 3.逆方向 おわりに 大阪桐蔭の藤原くんのようなホームラン! はじめに 「正しい練習方法を身につけよ」 「ティーバッティングを1日1000本やっても、打てるようにはなりませんよ。」 こう言ったらあなたはどう思…

あなたの学校がサイン伝達を防いで勝つ方法

サイン伝達の問題、これはやってはダメでしょう。 センバツ2日目、横浜対明豊は13-5で明豊が完勝。及川が打たれた後の3回裏、横浜が審判から、「横浜の2塁走者が打者に対し『バッターに球種のサインを送った』と疑われ注意を受けた。高校野球ではサインを送…

高校野球でサイン伝達してしまう理由とは

甲子園で勝つことを究極の目標にした勝利至上主義が、子供たちへの間違った指導法を招き、たくさんの有望選手が将来の道を断たれている 著者:筒香嘉智 「空に向かってかっ飛ばせ!」冒頭より引用 センバツ高校野球でのサイン伝達問題。 監督から選手にサイン…

あなたがカッコ良いスポーツマンになる方法

2018年ボブが一番感動した場面がこれかな? 大阪桐蔭は野球のレベルもさることながら、 こういった細かい気遣いができるところが すごいと思った! 瞬時に動いたからね!生で 甲子園で観てて感動しました!! こういう事を普通に出来る高校いいよね#大阪桐蔭…